ルイヴィトンが好き

こんにちは、まっぴぃです。

今日はブランドといえば!っていうくらい有名なルイヴィトンについてです。

ルイヴィトンといえば日本では1980年~90年頃にすっごく流行しましたよね。

当時はバブル時代と言われて日本は景気が凄く良くって、一般のサラリーマンでも海外旅行に平気で行けちゃうくらいの好景気の時代でした。

 

皆さんお金に余裕があるんで、海外のブランド品や貴金属・高級時計をここぞと買い漁って身に纏っていました。

 

私もその一人でしたね~。

 

ヴィトンのバッグを持って、宝石を沢山身に付けて男のおごりで夜遊び三昧!

 

あぁ・・・懐かしい。

 

当時買ったブランド品も沢山ありました。

大きめの旅行カバンのキーポルやちょっと小さなボストンバッグのスピーディ。

親子バッグのパピヨンやバケット、ショルダーバッグなんかも買いました。

 

その頃流行していたのはエピっていう一色の型押しレザーのバッグなんかも流行しましたよね。

赤、青、黄色に緑や黒、今思えば結構派手ですよね、めっちゃ原色ですしw

 

でも、みんなこぞって買い漁っては持ってましたよね~

最近も好きで買い続けているので、その頃のバッグは実際使う機会も無くて邪魔なん絵d巣よね・・・

 

でも!実はその時代遅れ感があるバッグ達、今も需要があるんです!

最近TVでもやってましたけど、私たちには全然嬉しくない『円安』の影響で海外の人が沢山日本に旅行に来てるじゃないですか。

 

その海外旅行者が昔に流行ったエピとかモノグラムのバッグを買って行くんですって!

大量に”大人買い”をするのは家電だけじゃ無いみたいです(笑

 

ブランド品も大人買いですよ、景気が良くて羨ましい!

景気が良くない我々は、その大人買いされている品物を提供しましょう!

 

そこで登場、昔に買ったモノグラムやエピのバッグ!

海外の人に需要が出て来たおかげで、中古品の買取をしてくれるお店の買取金額も上がってるとか、これはチャンスですよ!

 

私は既にルイヴィトンの買取専門のお店にいくつか引き取って貰いました!

 

またすぐ第2弾持って行きますけど!(笑

私と同じでバブルの時期にたくさん買ったヴィトンのバッグは今手放すのが断然お得ですよ!